読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小文化学会の生活

Soliloquies of Associate Association for Subculture

1年生、1年を振りかえる

雑記 10nies

 タイトルそのままです。今回は特に本から小難しいことを引用せずに、この1年を履修した講義から振りかえろうと思います。サブカルチャーのサの字もないけど、ご容赦ください。

 そもそも単位を取るためといっても闇雲に登録しては意味がありません。他の大学は分かりませんが、慶應は語学と人文科学・社会科学・自然科学・系列外の総合教育科目、あとは自由科目が設けられています。卒業するためには総合教育科目の38単位以上、そのうち人文・社会・自然から最低8単位以上、合計24単位以上履修しなくてはなりません。ざっくりわけると人文は国語・芸術系統、社会は社会科学(社会学・法学・経済学)、自然科学は理数系です。系列外は一概には言えませんね。私も地域研究を取っていましたが、他にも履修案内を見ると様々な科目があるようです。体育も取ろうと思えば取れます。あとは教養研究センター、福澤研究センターが設置している科目もあったようです。実態はまったく分かりません。

 

 履修の話に戻りましょう。1年生はたいてい上限(52単位)まで単位を履修登録します。別に落とすぶんには問題ありませんから。考える余地があるとすれば前述の人文・社会・自然のバランス、その中身になるわけで、これが意外というわけではないけれど重要になっていきます。同じクラス内でもそれほど被らず、サークルなどの活動を精力的にやらない限りひとりで受ける講義のほうが多くなると思います。もしかしたらこれは私が塾内でまったく活動していなかったからかもしれませんが。

 しょっちゅう大学生が単独で学内生活をこなしていくのは難しいなんて話が出てきますが、経験からいってそんなことはないです。むしろソロでやった方がいいんじゃないかとさえ感じる瞬間もしばしばありました。自己満足な理由ですが、自分のためにならない。先輩から過去問や楽単を教えてもらってゲーム感覚で単位を獲得するのも確かに有意義です。しかし、どうせ高い学費を払うなら学問と学問の繋がりを実感しつつ、学ぶことの楽しさを独りよがりでも理解できた気になるほうがいいんじゃないかと私は思います。

 早く振りかえろって感じですよね。「学問と学問の繋がり」を実感する時、それはたぶん特定の単語が出てきた時のはずです。それがいちばん分かりやすい繋がりですからね。私の場合は「ダーウィニズム」でした。やはり進化論はありとあらゆる学問に影響を与えたわけで、講義を聞くとつくづくそう思わされます。ダーウィニズムがいちばん分かりやすい文脈で出てくるのは人類学でしょう。これはたまたま単位のバランスの関係で春だけ履修していたのですが、取ってよかったなと思える講義でした。自然人類学、つまり自然科学に属する単位で、人類だけではなく生命の歴史を辿り、人類学史にも触れる内容でした。人間の歴史も他の講義で触れられるもので、それを集中して着目できたのはいい機会だったと思います。ノートを取るのは大変でしたが。

 人類学というと、文化人類学も他の講義に応用できました。こういうのは親しみやすいぶん自分で体系立てて学ぶのが難しいからその流れをざっと把握できただけでもよかったのですが、講義の内容に社会学や歴史で取り扱われるものが入っているのも取ってよいと思えるポイントでしたね。

 ダーウィニズムに触れた講義というと、社会学も該当するんじゃないかな。この場合だと社会ダーウィニズムになりますが。あとは近代思想史の背景にも出てきます。この2つの講義は個人的に履修するとのちのち役に立つと思います。特に近代思想史は自分の無知さと近代思想(厳密に言えば近代の思想家の思想)を知ることの重要さを痛感しました。

 歴史文学は受け持つ教員によって教える内容が変わるから一概には言えません。人間の歴史については心理学(自然科学として設置されています)でも触れられていました。大学生になったのだから、それぐらいは知っていてもいいかもしれないですね。私も説明しろと言われてできるわけではないのですが、話を聞くぶんにはとても有効だと思います。テクニカルなことを言うと、当たり前ですがシラバスを確認して興味を持てそうかどうかを見極めるのは大事です。それによって取り組む姿勢も変わります。あと、これはどうしようもありませんが掲げている学問の名前、そこから連想されるイメージと実際の内容が離れていることもけっこうあります。有名なところだと慶應の心理学は実験心理学だから、要は理系です。「心理学」と聞いて思いつくことは、教育学でやっているのではないでしょうか。機械的に単位を貰うこともできますが、やはりせっかく履修するなら楽しめるのがいいですよ。端から切るというならそれも思い切りがいいからアリかもしれないですけどね。